はじめてのWordPress

WordPressはカスタマイズ自在のブログ構築ツール。複数ブログもお手のもの。

Contents

プラグイン これだけは入れとけ!

スタードメイン使いこなしガイド

リンク





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:-- |
  2. スポンサー広告




インストール

サーバにwordpressをインストールする作業を行います。

設定ファイルの作成


インストールには、設定ファイル wp-config.php を作成してデータベースの情報を入力することが必要です。

TeraPadを立ち上げ、ファイル→開く と進み、先ほどアップロードしたwordpressフォルダを開きます。wp-config-sample.php という名前のファイルがあるので、ファイルの種類「すべてのファイル」としてファイルを開きます。

このファイルの中の、データベース名、データベースのユーザー名、データベースのパスワード、ホスト名を変更します。

データベース名

define('DB_NAME', 'database_name_here');

database_name_here の部分を変更します。

データベースのユーザー名

define('DB_USER', 'username_here');

username_here の部分を変更します。

データベースのパスワード

define('DB_PASSWORD', 'password_here');

password_here の部分を変更します。

データベースのホスト名

define('DB_HOST', 'localhost');

localhost の部分を変更します。ここはMySQL情報にある「MySQLホスト名」の部分です。

なお、将来複数ブログを管理する考えがあれば、テーブル接頭辞も設定します。69行目あたりの

$table_prefix = 'wp_';

において、wp_ の後ろに0とか1とかの数字を入れておきます。

そこまでできたら、名前をつけて保存します。ファイル名は「wp-config.php」、ファイルの種類「すべてのファイル」とします。

FFFTPで wp-config.php をアップロードします。

20120116_1
画面左側で wp-config.php を選び、右側は ルートディレクトリを開いた状態にした上で コマンド→アップロード と進みます(画像参照)。


インストール


アップロード後、ブラウザで install.php にアクセスします。URLは、「http://www.yourdomain.com/wp-admin/install.php」のようになります(yourdomainの部分があなたのドメインです)。

20120110_20

サイトタイトルなどのブログの情報を入力して「成功しました」というメッセージが表示されたらインストール完了です。

ログインしてみましょう。

20120110_22

管理画面のトップページであるダッシュボードが表示されます。

20120110_23

なお、今後ログイン画面を直接開くときは、設置場所のURLに「wp_login.php」をつけてアクセスします。先ほどの例でいうと、「http://www.yourdomain.com/wp_login.php」になります。ブックマークなどしておくとアクセスしやすくなります。


これで最低限の設定は終了です。

関連記事
  1. 2012-01-05 23:41 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://wordpressmania.blog.fc2.com/tb.php/15-3273e6dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。